最近の投稿

いつか役に立つメモ

お祝い用のプレゼントって迷うよね。いざという時のメモ。

投稿日:

上司や同僚の昇進祝いや会社からの卒業(退職)記念など、社会人になるとプレゼント選びが必要な場面が多くなりますよね。でも、贈る相手の好みや志向・嗜好がわからないと、プレゼント選びの迷宮に迷い込みがち。
本記事は、いざという時に備えてプレゼント候補をメモっていく記事。

とりあえずお酒

お酒は、相手が酒好きだとわかっていれば選びやすいアイテムの一つ。自分は、迷ったらとりあえずお酒カテゴリーから選ぶことが多い。
 

洋ナシのシードル

まずは、低予算で上司の昇進祝いを選んだときにチョイスしたことがある、搾りたての洋梨100%でつくられたシードル「ラシャス パコリプレステージ」。「洋ナシ」と「用無し」がかかってるので、冗談が通じる相手じゃないと波乱の展開に。

甘味料や酸味料は一切加えないナチュラルな作りで、アルコールは5%以下と低めなので非常に飲みやすい一品。「自家果樹園で栽培された無農薬かつ樹齢300年以上の洋梨を厳選。2-3カ月低温発酵の後、果実味や果実感を残しつつ、シャンパーニュと同じ瓶内2次発酵という手間ひまをかけて作られた。」と、特徴的なシードルなので説明しやすさもある。
 

同じ時を刻んだお酒

贈る相手の勤続年数/入社年度や、生まれた年に作られたお酒も選びやすいアイテムの一つ。あまりにも年配の方だと必要予算も多くなるのが難点。
私が贈ったことがあるのは、勤続年数と同じ歴史を刻んだラフロイグ26年。好きな銘柄がわかっていると、なお選びやすい。
 

名前/メッセージを入れたアイテム

贈る相手の名前や関連するキーワード、メッセージなどを入れたアイテムも、ひねりは無いかもしれないけど選びやすいアイテムの一つ。
 

上の画像は、木製品のアイテムを多数揃えるハコア(hacoa)で選べるアイテムの一例。オンラインの名入れサービスがあるお店だと手間がかからないので楽。
 

©バカラ名入れ「ETCHING FACTORY HAMA」
バカラのグラスもベタだけと使いやすい。名前、メッセージ、ロゴなどを入れてくれるお店がいくつかある。

(続く)

-いつか役に立つメモ

Copyright© 家えログ。 , 2020 All Rights Reserved.