最近の投稿

花粉症対策

花粉症改善に効果抜群と噂のカルピスアレルケアを2年半飲んだんだけど

更新日:

カルピスの乳酸菌製品アレルケアを飲むと「L-92乳酸菌」による抗アレルギー作用で花粉症アレルギー性鼻炎を軽減するらしい。真相を確かめるべく、2年半に渡ってアレルケアを服用し続け効果を検証。かかったコストは約6万円!その結果をレポートします!!


 

アレルケアは本当に効くのか

アレルケアは、カルピス健康通販で購入できる「L-92乳酸菌」配合の商品で、アレルギー症状を緩和させる効果を売り文句にしています。
 

こちらがアレルケア。錠剤タイプと飲料タイプがあります。
アレルケアのように、健康や体質改善を売りにした商品は巷にあふれてますが、基本的に全く信用ならないですね(´・ω・`)。厚労省が認可した医薬品のように、厳格な開発工程と効果検証が行われていれば信用するに足るんですが。
 
とはいえ、瘙痒感(かゆみ)に悩まされる友人がアレルケアを飲んだところ「かなりの効果」があったようなので、私も試してみることに。
 

これまでに試した花粉症対策

アレルケアの話を進める前に、これまで試してきた花粉症対策に少し触れます。
私は25年以上もスギ花粉に悩まされており、市販薬は全然効果が無いですし、処方薬でも微妙な効果しか得られない状態。西洋医学のアプローチも続けていますが、民間療法的なアプローチも取り入れて、毎年効果検証しています。
 

これまでに試した花粉症対策

これまでに試してみた花粉症対策のレポートをシェア。効いたものもあれば、効かないものも・・

 
アレルケアは、果たしてどれほどの効果を発揮してくれるのか。検証意欲が掻き立てられます。
 

アレルケアを2年半飲んだ結果

さて、ここからは検証結果をお伝えします。
 

続けた期間や飲み方など

飲んでいるのはアレルケアの錠剤タイプ。期間は2017年8月~2020年2月の約30カ月間。朝起きてすぐに2錠330mlの常温グリーンスムージーで胃に流し込んでいます。
 

評価ポイント

以下に挙げる4つの症状の改善度合いでアレルケアを評価します。

  • 花粉症のくしゃみ
    一度スイッチが入ると怒涛の勢いで繰り返されるくしゃみ。抑えたい!
  • 花粉症の鼻水
    鼻にティッシュをずっと詰め込んでおきたい。滝のように流れ出る鼻水が抑えられるか。
  • 花粉症の鼻づまり
    睡眠がツラい。詰まってると寝れない・・。
  • 花粉症の目のかゆみ
    目を取り出して洗いたくなるほどの痒み。花粉症の皆様なら経験あるはず。
  • アトピーみたいな症状の緩和
    毎年12月~2月の間だけ、右目の目尻付近に症状が出るんですよ。

 

まずは1年目の結果

まず、如実に効果が出たのは「アトピーみたいな症状の緩和」。冬場だけ右目尻付近に現れていた症状が全く出なくなりました!これは・・アレルケアの効果かな!?
次に花粉症。今年のスギ花粉は、例年の5倍と言われるほどの大量飛散ですが、花粉シーズンに突入すると「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」に襲われました。いつもよりも症状の程度は低いような気もしますが、うーん、ダメだ。効いてなさげ。ただ、「目のかゆみ」は緩いですね。例年に比べてかなり楽。
 
まあでも、目尻の改善だけでも効果があったような感じなので、良しとします。

そして2年半の結果

3月に差し掛かり花粉が飛び始めるときにこの記事を書いてますが、くしゃみがとまりません。鼻水も出るし、目もかゆい。ついでに言うと、治ったと思っていた右目尻の症状は半年以上続いてます。
 

はい、解約解約ぅ!!(専用フォームかメールでコメントしないと解約できない仕組み)
 
マイページから自動解約できないのが・・これまたイラつかせるね

 

結果まとめ

  • 花粉症のくしゃみ
    例年よりも少ない気はするが、よくわからない。
  • 花粉症の鼻水
    効果なし、または、効果が判断できないほど軽微な効果
  • 花粉症の鼻づまり
    効果なし、または、効果が判断できないほど軽微な効果
  • 花粉症の目のかゆみ
    例年は処方薬でも全く抑えられなかったが、市販の目薬で十分なほどまで改善したと、1年目は思いました・・
    が、2年目はまったく効果なし。
  • アトピーみたいな症状
    結局のところ効果なし
というわけで、長きにわたって検証を続けてみましたが、効果なしってことで決着。
でも、効いてる人も実際にいますので、効果の有無は人それぞれなのかなぁと。
 

アレルケアの購入

試してみたい方は、アマゾンまたは専用サイトから購入してみてください。
アレルケアの量は最小パックで1カ月分。速攻性があると言われており、また、6週間ほど飲めば効果が最大になるらしいので、試してみる場合は1~2カ月あれば十分かなと思います。(今回は検証目的だったので、推奨期間よりも十分に長い2年半も服用しました)
 
タブレットタイプ飲料タイプの2種類があり、どちらも効果は同じとのことなので、飲みやすい方を選べば良さそうです。
 

タブレットは噛み砕いて飲める


持ち運びに便利なタブレットタイプは、小さめのお薬サイズで飲みやすい。上の画像はアーモンドとのサイズ比較です。飲み方ですが、薬のようにまる飲みしても、嚙み砕いて飲んでも良いみたい。
私は、上に書いたとおり、カゴメのグリーンスムージーで飲んでます。グリーンスムージーに含まれる糖分で、アレルケア乳酸菌の働きを補助する戦略。
 

タブレットタイプは1袋よりも2袋パックの方が単価が安い。
 

飲料タイプは若干お高め

タブレットが苦手な方には飲料タイプ。タブレットよりも少しだけ高い価格設定になっています。

飲料タイプのほうが飲みやすいですね。持ち運び・長期保存を考慮するならタブレットの方がいいかと。
 

まとめ

全く信用してない状態で服用を始めたアレルケアですが、やっぱり効果はなかったってことで、スッキリしました。個人差があると思いますので、ぜひ試してみてください( `ー´)ノ

-花粉症対策
-,

Copyright© 家えログ。 , 2020 All Rights Reserved.