最近の投稿

酒器

すみだガラス市は76%オフ「うすはり」や江戸切子が購入可能

更新日:

老舗の硝子工場があり江戸切子も盛んな墨田区では、「すみだガラス市」という毎年4月と10月に年2回行われているガラス器の特売市があります。すみだガラス市は、幅広いメーカーのガラス製品が市場価格の半額以下で手に入る夢の場所。行くしかないね。

すみだガラス市

開催場所は錦糸町にある大横川親水公園。錦糸町からすみだトリフォニーホールの横を両国方面に歩いていくと、会場が見えてきます。
 

最終日の夕方になれば、このように人もまばらですが、初日はマジでやばい。飴に群がる飴のように人が押し寄せる。その人混みをかき分けて掘り出し物を探すのが、このイベントの醍醐味です。
 

日用で使えるガラス製品も多いですが、ピアスやネックレス、化学実験用のガラス器具まで様々なものがあります。けっこう高いけど、伝統の江戸切子もあるぞ。
 

一番の人気商品はこちら。「うすはり」の名前でピンと来る方も多いと思いますが、大正11年創業、錦糸町の下町に工場を持つ「松徳硝子」のガラス製品です。その売り場には、大名行列を思わせるほどの長蛇の列が、立ちどころに形成される。
 

探索に疲れたら、近くにある甘味処「北斎茶房」で一息つきましょう。雰囲気があるお店です。
 

戦利品

戦利品としては、定番のうすはりを4つほど。
 

タンブラーLLサイズと、「大吟醸」と名を冠した吟醸酒の芳醇な味と香りを堪能できるグラスを各々2つ。
お値段は、4つ合わせて定価ベースで8,208円(税込み)のところ、大特価2,000円で購入。実に76%OFF!!
 

うすはり「大吟醸」は、かわいいフォルムで使いやすい。
 
 
なお、一般的に有名なのは松徳硝子ですが、業務用としては木村硝子が日本を圧巻。個人的には木村硝子製が推しです。以下の記事で松徳と木村を紹介しています。
 

 
というわけで、すみだガラス市は毎年4月と10月ですよー!ぜひ足を運んでみてください。
 

-酒器
-

Copyright© 家えログ。 , 2020 All Rights Reserved.