最近の投稿

豊洲市場

豊洲市場の飲食店は今がチャンス!!今なら空いてる!!

更新日:

豊洲市場の飲食店は、不定期で訪れる「空いてるフェーズ」に突入!2019年に入ってから、急に平日の来場者数が減っているので、今が狙い目だ。寒さのピークを迎える1月~2月は、空いてる状況が維持される見込みなので、暖かくなる前の今がチャンス!

豊洲市場飲食店は今が狙い目か

豊洲市場はオープンしてから混雑が続いていましたが、新年に入ってからなぜか客足が遠のいています。特に平日は極端に人が少なくなってますね。休日も、以前に比べると若干ではありますが、混雑が緩和されています。
 

この図は、豊洲市場飲食店がオープンした2018年10月から、今年の5月中旬までの混雑状況を可視化したものです。2018年10月末頃に一時的に人が少なくなった時期がありましたが、その後11月から年末まではずっと混雑が続いていました。ですが、年が明けてからは、春休みやゴールデンウイークなどを除くと、混雑は落ち着いています。
 

混雑状況の比較画像

豊洲市場の混雑状況がどの程度の変化したか、写真で具体的に示していきますね。

仲卸売場棟の様子

仲卸売場棟は、飲食店の数が最も多いエリア。寿司大小田保などの実力店がひしめいているので混雑も半端じゃなかったのですが、2019年に入ってからは空いてる日が増えてます。
 

  • 2018年10月中旬の様子(12時頃に撮影)

  • 2019年1月中旬の様子(12時頃に撮影)

上は、海鮮丼「仲屋」付近の比較写真。かなり人が減っているのが見てわかります。いつもビックリするくらい混雑していたのに、新年に入ってからは、かなり混雑が緩和されていますね。
 

  • 2018年10月中旬の様子(12時頃に撮影)

  • 2019年1月中旬の様子(12時頃に撮影)

こちらは「岩佐寿司」近辺の比較。人がかなり減っているのがわかるかと。お店の人も「年が明けてから急に客が減った」と嘆いてました。
 

管理棟の様子

管理棟は、仲卸売場棟よりも飲食店の数が少なく、もともと空いているエリアだったものの、神楽寿司、丼匠、八千代などの実力店はかなりの行列ができていました。ですが、新年に入ってからは、人がかなり少なくなってますね。
 

  • 2018年10月中旬の様子(12時頃に撮影)

  • 2019年1月中旬の様子(12時頃に撮影)

上は、管理棟入口の方から奥に向かって撮影した写真。「混雑が緩和された」と言うレベルを軽く飛び越え、豊洲市場飲食店の先行きが心配になるほど人がいない。ホントにいない。
 

2019年1月中旬の様子(12時頃に撮影)

人が少なすぎて「おかめ寿司」の店員さんが店頭で客引きしてるレベル。
 

2019年1月中旬の様子(12時頃に撮影)

いつも大行列の「丼匠」にも5人しか並んでない。ランチのピーク時間なのに。
 

狙い目は水曜日

上に書いた通り、1月の平日はランチ時間帯ですら空いてる状況が続いています。とはいえ、以下に挙げる人気店はそこそこ列が出来ている日が多いのも事実。

-豊洲市場

Copyright© 家えログ。 , 2020 All Rights Reserved.