最近の投稿

家電

ネスプレッソで良かったこと・悪かったこと。手軽に美味しく飲みたくて。

投稿日:

巣ごもり需要なのか、世間ではカプセル式コーヒーメーカーが熱いようでして。家電量販店を覗くと、数ある製品の中でもネスプレッソ(NESPRESSO)が一番人気のようで、売り場が賑わってますね。僕も前から気になっていたので、ネスプレッソ、買ってみました

ネスプレッソにはお手軽さを求めていたけど

家ではずっとドリップコーヒーを飲んでましたが、徐々に淹れるのが面倒になってきてました。その点、ネスプレッソはカプセルをセットしてボタンを押すだけなので、時間節約が期待できます。
 

今回購入したのは「エッセンサミニ」という、最もコンパクトで、最も安いモデル。けっこう高価なモデルもありますが、味はどのモデルでも変わらないと説明を受けましたので、設置スペースやコスパ重視でこのモデルをセレクト。
  

エッセンサミニをペットボトルと一緒に並べてみます。ご覧の通り、奥ゆきと高さは、だいたいペットボトル1本分ですね。かなり小さいので場所を選びません(が、電池式ではないので、電源取れる場所じゃないと使えないです)
 
本体価格ですが、Amazonや家電量販店では11,000円前後、価格comの最安値だと1万円弱で購入できます。
  

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネスレネスプレッソ Nestle Nespresso カプセル式エスプレッソマシン Essenza Mini (エッセンサミニ) ピアノブラック C30-BK[C30BK]【rb_cooking_cpn】【2111_cpn】
価格:11111円(税込、送料別) (2022/1/30時点)

 
エッセンサミニは40ml or 110mlの容量を選んでコーヒーを抽出する仕様になっており、きめ細かい泡のコーヒーが抽出されます。
 

見た目はこんな感じ。けっこうクリーミーな感じで出てきますね。ワンタッチなんですが、使用前に水を入れたり、カプセルをセットしたり、抽出中は暖かい目で見守ったりと、あまり時間短縮にはなってなさそう。
 

淹れ終わった後は、ダストボックスを引き出してカプセルを処分する必要があります。4回分くらいのカプセルが入るサイズ感ですが、基本的には使い終わったらゴミを処分したいので、地味に面倒。
 
味は、僕がいつも飲んでいるドリップコーヒー(UCC製の1杯30円くらいのもの)より断然美味しいですね。まあ1杯あたりの価格が3倍以上違うので、当然といえば当然ですが・・。
 

結局ネスプレッソはどうなのか?

ってことで、意外と手間は削減できないし、時間短縮にもならないなーというのが率直な感想ですが、味は美味しいです(コーヒー音痴なので責任は持てません・・)。
 

ボタン押して待ってるだけで美味しいコーヒーが飲める手軽さに加えて、コーヒーカプセルの種類が豊富で自分好みの味を見つける楽しさもありますね。種類によって若干値幅がありまして、安いもので1杯80円程度、高いものだと100円を超えてくるものもあります。毎日がぶ飲みするのはちょっと高いなぁ~(;´Д`)。また、2022年2月にコーヒーの値上げと会員特典の改悪が実施されるようなので、今のうちに買いためておくのが良さそう。
 
美味しいコーヒーが飲めるメリットと、1杯あたりのコスト・手間を天秤にかけると、、僕はメリットが8:2くらいで勝つかな。コーヒーの味にはそれほどこだわりはないんですが、カフェオレが作りやすい点はめっちゃ気に入ってます。ただ、手間(水を入れる、電源入れてスタンバイを待つ、カプセル入れる、抽出する間じっと耐える、ゴミ捨てる)は多少かかるので、超短気な人には向かないかも。

-家電

Copyright© 家えログ。 , 2022 All Rights Reserved.