最近の投稿

まとめ ワークアウト

ヨガ・体幹などのトレーニングウェアを再考する

更新日:

ヨガ・ジム・体幹系・ランニングなどに励んでいる人は多い。痩せるため/健康維持のため、みんな各々の目的意識を持ってワークアウトに励んでいる。
自分もよく体を動かしているんですが、最近、ふと疑問に思ったんですよ。みんなは、どこのどんなウェアを着てるんだ?と。

ヨガ・体幹などのトレーニングウェアを再考する

身体を動かしやすければなんでも良いとは思うけど、最近はスポーツ科学の進歩と相まって、色んなウェアが発売されているじゃないですか。コンプレッション(着圧)ウェアとか、IoT対応のウェアとか、時代の最先端をいっているようなやつがあるじゃないですか。
 
なんか、そういうのが知りたい。ただし、ナイキやアディダスとか有名どころスポーツメーカーは今回の話のスコープからは除外して、通だけが知ってるやつを知りたい。
とりあえず現況整理のため、自分が知ってるスポーツウェア/シューズブランドをアウトプットしてみる。

CX-W

ワコールのスポーツウェアブランドのCX-W。

©公式ページ
 
半蔵門のワコールビルの一階にお店があるので、皇居ランナーにはお馴染みのブランドのはずですが、ランナーで着てる人はあまり見かけない。ジムに限って言うと、着てる人に遭遇したことがない。
なお、僕のランニングウェアはCX-Wとナイキです。

SKINS

デサント系列のSKINS。コンプレッションウェアといえばここが有名なのかな?最近は大谷翔平選手を広告塔に起用してるっぽい。

©公式ページ
 
SKINSは、皇居ランナーにもジムの人々にも愛されてるようで、よく見かけますね。
デサントのファミリーセールでいつも買おうか迷うのだけど、1~2割しか安くなってない(うろ覚え)ので、半額くらいが当たり前の会場においては割高感が半端じゃない。そして買わない、家に帰ってから後悔する、でも次のファミセでもやっぱり買わない、という負のスパイラル。

ルコック

老舗。記事の出だしで除外するといった部類に入るかもしれないけど、微妙なラインなので載せておく。

©公式ページ
 
テニスやロードバイクウェアだけじゃなく、最近はワークアウト用のウェアにも力を入れているようで。でも、あまり見かけないですね。僕はジムでルコックのロードバイク用のパンツをよく履いてるんですが。

GAP FIT

最近はギャップからもウェアが出てますね。

すごく安い。が、メンズの商品が少ない気がする・・。ウェアは消耗品なのでお値段的には非常に魅力的。
 
ここまでウェアが続いたので、一旦シューズを挟んでおく。

vibram(ビブラム)

「ビブラムソール」で有名なビブラム。色んなメーカーにソールを提供してます。身近なところだとコンバースのAddictライン。
シューズは皇居ランナーもジムの人々もナイキが圧倒的に多いですが、vibramのfivefingersを履いてる人もちらほら見かけますね。fivefingersは一般的なシューズと比べて素足感が尋常じゃなく強いのが魅力的。

僕が使ってるのは、オーソドックスなランニング用モデル「V-RUN」。fivefingersは用途に応じて種類が多いのですが大きく違うのはソールの厚み。
 

シューズは大手スポーツメーカーのやつが安定して良いですよね。これはアディダスですが、タンが2つに分かれてて真ん中が開くので、足首から曲げやすい。こんなのも最近は出てます。

lululemon(ルルレモン)

ヨガ愛好者にはよく知られたブランドですかね。

ヨガ用ギアはルルレモン製が好き。ウェアは少し高い気が・・。
 
 
というわけで、とりあえず思いつく限り挙げてみましたが、ここからどう広げて情報を得るかが課題。雑誌とか買って情報収集してみようかな。

今回のリスト(順不同)

-まとめ, ワークアウト
-

Copyright© 家えログ。 , 2020 All Rights Reserved.