最近の投稿

ワークアウト

体脂肪率5%を目指す!シックスパッド3か月チャレンジ!!

更新日:

シックスパッドは、腹筋、脚(太もも)、腕を効果的に刺激することで脂肪をそぎ落とし、体脂肪率の低下に絶大な効果が出るっていうトレーニング機器。寝ながらでもできるし、楽して痩せたい人に人気の商品らしいけど、僕はこれをガチで使って体脂肪率5%を目指す!!

シックスパッドとは?

腹筋バキバキ確定のトレーニング機器

シックスパッドは、EMS(Electrical Muscle Stimulation)と呼ばれる、電気刺激で筋肉を鍛えるトレーニング機器で、トレーニングに効率的な周波数20Hzと独自波形で効果を最大限に引き上げているのが特徴。
 

シックスパッドの広告塔はあのクリスティアーノ・ロナウドで、販売台数は100万台を超える。こんな実績がある商品ですよ。腹筋をバキバキにする究極の逸品と断ずるに迷いの余地は皆無。まだ2回しか使ってないけど、すでにバキバキになっている気がします。すごいよね。
 

手掛けるのはリファと同じメーカー

シックスパッドを手掛けるのは健康・美容器具を販売するMTG。2018年7月10日にマザーズに上場し、乗りに乗っている企業だ!!
発売から700万本以上売れている美容ローラー「ReFa(リファ)」と同じメーカー、と言えば、女性にはわかりやすいんじゃないでしょうか。

ちなみに、ReFaは顔以外にも使えるんですよ。私は首や腕や脚のマッサージ用に使ってます。Rafaも色々種類がありますが、オススメは上にリンクを張ったReFa 4 CARAT(ローラーが4つ付いているタイプ)です。左右にしか動かせないローラー2つタイプに比べ、十字の方向(上下左右)に動かせるので、非常に使いやすい。
 

シックスパッドの使い方

充電式の本体とジェルパッドが必要

シックスパッドは、腹筋、脚、腕用の3種類があり、腹筋用はさらに3種類に分かれます。
 

私が買ったのはこちら。これはアブスベルトというモデルで、腰に巻いて使うタイプ。お腹周りを効率的に鍛えたい場合に選ぶモデルです。
 

シックスパッドは専用の高電導ジェルシートを付けて使います。このジェルシートが電気抵抗の低減化を実現し、電気刺激を均一かつ高精度に身体へ伝えてくれます。
この専用ジェルシートは消耗品で、30回くらい使うと交換が必要になります。初回分として1セットは付属してますが、私は追加で3セット購入。
 

本体は充電式です。1回5時間の充電で、30回使えます。使用は1日1回までとされてますので、1回の充電で約1カ月持つ感じですね。
 

専用アプリで記録が残る


本体で負荷レベルのコントロールはできますが、専用アプリからでも操作可能になっています。また、専用アプリを使うと、利用記録が残っていくので便利。

腹筋バッキバキ3か月チャレンジ

と言うわけで、シックスパッドを2018/7/8(日)に購入したので、3ヵ月チャレンジで10月には腹筋をバキバキにしたいと思います。

ビフォーアフターのイメージ

こんな感じの変化で、3か月後にはぽっこりお腹が筆で書いたような腹筋に変わっていることでしょう。
 

現況

3か月後にはバキバキになった腹筋を晒したいと思いますが、まずは現在の体組成を晒しておきます。


2018年7月9日(日)の数値

それなりに運動をしてるので、ここ1年くらいは体脂肪率9.5~10.0%の間で推移していますが、停滞気味。シックスパッドの力で体脂肪率5%を目指す!!
なお、シックスパッドと並行して行う運動は以下の通り。

  • 体幹トレーニング(週1回)
  • ロードバイク(月1回程度、30~40km)
  • ランニング(月1回程度、5~10km)
  • 水泳(たまに。5km程度)

シックスパッドの入手方法

シックスパッドは家電量販店やAmazon、楽天で購入できますが、メーカー直販ルートしかないので一切値引きされていません。家電量販店でも、メーカーの人が専用コーナーで直接販売しています。つまり、値引きしてくれないのでサイフが痛いです。
以下の記事に詳しく書いてますので、興味がある方は是非ご一読ください。
 

 

3か月使ってみた結果

3ヵ月チャレンジの結果を以下の記事にまとめました。タイトルからだいたいわかってしまうけど、絶大な効果があった・・!
 

-ワークアウト
-

Copyright© 家えログ。 , 2020 All Rights Reserved.