最近の投稿

キッチンツール

同時調理も、IHも。最先端のデイリーホットプレートが万能すぎる。

更新日:

平凡なホットプレートは嫌。少し変わった、面白そうなやつ。そんなのを探していたらパナソニックの「IHデイリーホットプレート」に辿り着いた。家電量販店で一目惚れしAmazonで即ポチってしまったんですが、このホットプレートは機能が一味違うんです。

デイリーホットプレートはデザインも機能性も抜群な一枚

まずはデイリーホットプレートについて少し説明を。
 

©Amazon パナソニック IHデイリーホットプレート

毎日使ってもらえるホットプレートを目指して開発され「デイリーホットプレート」と名付けられた商品ですが、見た目は横長の長方形で、白を基調としたすっきりデザイン。プレートの真ん中に線が入っていますが、この線を境に左右別々に温度を調整することができます。
 

©Amazon パナソニック IHデイリーホットプレート

例えば、左でマフィン、右で玉子や野菜などの具を焼ける。つまり、2品を同時に調理できちゃう優れもの。
 

©Amazon パナソニック IHデイリーホットプレート

しかも、プレートを外すと2口のIHになります。鍋やフライパンはもちろん使えるし、温度コントロールがついているから揚げ物だってできちゃう。
 


こちらが商品の説明動画です。見てるだけで欲しくなってきませんか?
 

デイリーホットプレートは調理の幅が広がる

このホットプレートの利点は、庭や屋上など調理手段が限られる場所で発揮されますね。電気さえ通っている場所ならどこでも、「茹でる」「焼く」が実現できるのが凄い。
 

付属品として、専用のヘラが4つ付いています。左右で使えるように2種類のヘラが2つずつ。
 

さっそく瓦そば( 下関の郷土料理的なやつ)を調理してみます。瓦そばの調理は「そばを茹でる」「具を焼く」「そばを焼く」と工程が多く、多機能調理器具を使ってみるのに最適な料理。
 

まずは、そばを茹でる工程。茹でる工程は「IH機能」を使います。プレートは左右で独立してON/OFFを切り替えられるので、使ってない面は缶チューハイを置いても大丈夫。
 

次に具を焼く工程。牛肉と錦糸卵が必要なので、左右別々の温度設定にして同時に調理
 

最後にそばを焼く工程。湯切りしたそばを高温帯(250℃)で焼き上げる。その間、先に焼き上げた具を片面で保温(90℃)
 

最後に具材を合わせて完成~( `ー´)ノ
 
自宅マンションの屋上では管理規約で火が使えないことになってるので、このデイリーホットプレートを使って、茹でたり焼いたり、BBQ的な楽しみ方ができそうです。もちろん、室内でも大活躍しそう(*ノωノ)

パナソニック IHデイリーホットプレート ホワイト KZ-CX1-W

Price: ¥100,000

20 used & new available from ¥39,800

-キッチンツール
-,

Copyright© 家えログ。 , 2022 All Rights Reserved.